ビギナー入門講座

ビギナー講座

釣りを始める前に

5分で覚える簡単結び

なぜか釣り糸を結ぶのが苦手な人が多いですね。普通の仕掛け作りなど、ボタン付けよりカンタン〜5分間だけ練習してください。それだけでもっと釣りが楽しくなりますし、日常生活のヒモ結びにも役立つことをお約束します。5分で覚えられ、シンプルでしかも強い結び方を伝授します。これを覚えたら上級講座の結びにチャレンジ!

結びの基本「8の字」結び

わっか(チチワ)を作ってみよう

ここで覚える「8の字結び」と後で出てくる「電車結び」は釣りで使われる結びの大基本です。この二つさえ覚えれば、あとはどんな複雑な結びでも応用するだけです(^^)b
  1. 少し糸を長い目にとって二つにおります。指で押さえて、糸を濡らしておきましょう。
  2. 押さえた部分で輪を作ります。
  3. 輪を一回ひねります。
  4. ひねった輪に先端を通して…
  5. 糸の両端をもって、ゆっくり軽く引きます。結び目が8の形になって締っていくはずです。結び目を舌先でしめらせてから、再度しっかり締めます。
  6. 余った糸を切るとチチワの完成です。
ここがツボ
慣れれば(4)先端を入れるのではなく、右手の親指と人差し指をひねった輪の方に入れて先端を取ると、すばやく正確に作れるようになります。

どんな場合でも、結び目は必ずツバでしめらせる癖をつけましょう。ナイロン糸は締めるときに摩擦熱で極端に弱くなりますが、結び目を濡らすと劣化を防ぐことができます。

簡単サルカン結び〜2種


鈎は結べなくてもサルカンだけは…

サルカンというのは道糸と仕掛けを結ぶための小さな連結金具です。鈎はあらかじめ結んだ市販仕掛けが売られていますが、リールから出ている道糸の先には、どうしてもサルカンを結ばなくてはいけません。
チチワでつなぐ
まずはチチワを使った結び方をマスターしよう。この結びはとても強いのが特長。主に道糸やスナップサルカンとの連結に向いています。鈎がついたハリスを結ぶのには向いていません。
  1. サルカンのリングにチチワを通します。
  2. できた輪の中にサルカンを差し込んで…
  3. 締め込んだら、ハイ終わり。簡単です。
チチワを使わず直接結ぶ
シンプルで強い結びです。このほかにも色々な結び方がありますが、まずこれをおすすめ(^^)b
  1. 道糸に糸を2回廻し、できた輪を指で押さえてください。
  2. できた2重の輪に糸の先をくぐらせて…
  3. ゆっくり軽く引き締めます。結び目を舌先でしめらせてから再度しっかり締めて、余り糸を切って終わり。
ここがツボ
結び目がダンゴにならず小さくなるように力加減をします。力の入れすぎは禁物です。

鈎の結びは一つだけでOK

外掛け本結びを覚えてください

鈎の結び方にも数種ありますが、実用上は「外掛け本結び」という簡単で強い結び方一つを覚えるだけで充分です。

  1. 鈎に糸を沿え左指で持ちます。小さな輪を作ってそれを左指で押さえながら…
  2. 右の指で糸をもって鈎の軸に手前から廻す。
  3. 4回※廻してから…巻いた糸と初めに作った輪がばらけないようにして、右指で鈎を持ち替えます。
  4. 右指に持ち替えた輪に、糸を手前から奥へ通 します。そのままゆっくり引きながら軽く締めます。
  5. 結び目を舌先でしめらせてから、鈎を左指に持ち右手で糸をしっかり持って引き締めます。余った糸を切って終わり。
ここがツボ
4回というのは合理的な巻き回数です。これ以上たくさん巻くと太糸の場合締りが悪くなりますし、少なくても細糸の場合ほどけることがあります。慣れてきたら糸を輪から引き抜くとき、指を使わず歯で引きながら、そのまま右手で持ったハリスを引いて締めるようにすると、すばやく綺麗に結べるようになります。

結び目は必ずチモトの内側(鈎先へ向いた方)へ位置すること。もし逆になっていたら、指で結び目を回して直してください。この方が魚への鈎がかりがいい!

最後は直結(電車結び)を覚えて終わり

覚えておくととても役に立ちます

サルカンを無くしたときや、アクシデントで道糸や仕掛けが途中から切れたとき、糸同士を直接継ぎたいときもあります。サルカンを使わない結び方も覚えておきましょう。

  1. 糸を2本合わせます。
  2. 片方を三回廻して、先端をできた輪に通します。このような結び方を「電車結び」といいます。とてもよく応用される結び方です。
  3. もう片方も、同じようにします。
  4. 結び目を舌先でしめらせてから、そのままゆっくり引き締めます。余った糸を切って終わりです。
ここがツボ
3の時は利き手が逆になるので結びにくいはずです。左右の糸を入れ替えると、2と同じ利き手の動きになり結びやすくなります。

必ず結べるようになろう

結べるようになると、釣りの面白さが倍増する
糸が結べないから自動糸結び器を買おうかな?という釣り人が時々います。「ぶぁかも〜ん!おととい出直せ」といわざるをえません。釣りをするなら特殊な仕掛け以外は結べるようになりましょう。例え釣れなくても釣りへの自信ができるのです。
決して難しくない、ほんの少しのトレーニングでいい
道具を揃え、このサイトのコーナー(プリントしてね)でも本でもいいですから、まず手本を見ながらゆっくり注意深く結んでみてください。TVを見てビールを飲みながらでもいいでしょう。数回結んだら大体手順が分るはずです。そうすれば今度は20回同じことを繰り返してください。あら不思議!完全に指が動きを覚え、すいすい結べるようになっているはずです。