釣りのタックル研究室

タックル研究室

科学で作った防寒着

冬場は辛いですねぇ〜しかし水温の変化は陸上より1ヶ月以上遅れます。北風が吹き出し人間が釣りを諦める頃は、まだまだ海の中は秋です。年が明け厳寒期に入って初めて海の中にも北風が吹き出すと考えていいでしょう。ですから冬だといって諦める必要はありません。エサ取りも少ないですし、魚にも脂がのって、初冬は一年で一番美味しいシーズンです。ちょうど読者の方から防寒着に関する書き込みが掲示板にありましたので、これを機会に防寒のことを考えてみました。しっかりした防寒対策で冬場を乗り切りましょう。

防寒着は科学だ!

厳しいフィールドではちゃんとした装備が必要
私が初めて本格的なアウトドア用防寒着を購入したのは、磯釣りに凝っていた頃でしたから、もう大分前になります。それまでは重ね着した分厚いセーターの上からヤッケや防寒コートを着込んで、ダルマさんのような恰好で釣りをしていました。もっと若い頃(大昔)は、予算の都合で工事現場用のコートでしたね。いまでも愛用している方が多いようです。見栄えはともかく安いですし、汚れても気兼ねがいりません。

しかし磯に渡るようになるとダメです。海の上は風も強いですし、瀬渡しの渡船は高速で突っ走りますから、頭から飛沫をかぶります。ライフジャケットをはおりますから、着膨れしていてもダメです。やはりよく考えられたものでないといけません。ということで私は当時のダイワの最高級品(たまたま特大サイズが在庫していた)を買い、釣り着特有のけばい配色が嫌いなちゃりこは、これも本格的なアシックスの登山用防寒着を買いました。

ちょうどモンベルが普及してきた頃で、新しい物好きの二人は、「よぉわからん?けど軽いな〜暖かそうやな〜」とお揃いで#200番というやや厚手のポーラテックでできた冬用フリースも買いました。

おぉ〜優れものじゃ!
二人とも買ったものはGORETEX防水のものでした。「なんじゃ、よ〜わからん。まぁ高いから間違いないじゃろ?」いまでこそGORETEXは普及していますし、価格もずいぶんリーズナブルなものになりましたが、当時はまだまだ珍しいもので、アウトドア専門店か、よほど大きい釣具屋さんでなければ売っていなかったものです。フリースもしかり、けったいなスエットといわれたものです。

しかし着てみてびっくり!温かくて軽い。それだけではありません、冬日でも動いたりすると汗をかきます。沖磯は渡船利用ですから、汗をかくようなことはありませんが、当時はいまより体力があったので、荷物を担いで日本海の地磯巡りをよくしていました。当然、山越えですから汗をかきます。この汗がやっかい、下着が乾かず気持ちが悪い、冷えると冷たさが倍増します。ところが不思議に、この上下を着ると汗をかいてもすぐ乾くのです。「ほう〜これが透湿防水効果というやつじゃな〜」

当時は、ちょっとしたスーツより高い買い物でしたが、まったく後悔することはなく、これを機会に、防寒着やカッパに興味を持ち、色々調べたりしました。ちゃりこは熱烈なモンベル信者になり、月日が流れ色々なブランドが氾濫するようになったいまでも、モンベル以外浮気しません。亭主よりは大分信頼感があるようです(笑)

目から鱗〜科学の服
私は北国の生まれではありませんが、厳しい六甲下ろしが吹きすさぶ港町で育ちましたし、ちゃりこも比較的冬が厳しい若狭の育ちです。ですから二人とも寒いところはそれなりに防寒対策をしていました。しかしこれらの素材と巡り会ってからは全く変わりました。科学の威力です。それまで必需品だった「ホッカイロ」とはサヨナラです。いったい何処が普通の防寒着と違うのでしょう。

風が吹くと桶屋も寒がる?

風と体感温度
実際の気温と私たちが肌で感じる体感温度は異なります。扇風機を回すと涼しく感じる理屈です。風には体感温度を下げる作用があります。大体風速1mにつき約1度低下します。風速10mも吹けば大変です。若い頃よく山に登った私の経験で云うと、山と海を比較すると遙かに山の方が過酷です。

海も風が吹き荒びますが、山も厳しいです。おまけに高度があります。当然気温が低くなります。大体標高1000mにつき約6度下がります。街の気温が25度あっても標高2000m、風速10mとすると体感温度は3度です。ですから夏の山でも、なめてかかると遭難者が出ます。

海は本当に寒いのか?
山では毎年遭難者が出ます。海では落水事故はあっても、気温低下で遭難したというのは聞いたことがありません。もちろん山と違って逃げ場があるからですが、絶対的な体感温度が山とは違うということもあるかも知れません。それが証拠に、海では案外お気楽な服装で、唇を真っ青にして頑張っている釣人を時折見かけます。いくら寒いと云っても、凍傷になるようなことはないからです、北海道はともかく(笑)

私は釣りクラブに所属していたことがあるので、厳寒の時期に色々な釣り場、様々な条件下で、たくさんの釣人と釣りをしましたが、一度として「今日は寒かった」という言葉を聞いたことがありません。もちろんクラブに入るような人達ですから、高級ブランドで完全武装していますが、私自身も寒いと思ったことは1回ぐらいしか、記憶がないのです(帽子が飛ばされた日)。

問題は風だ
以前氷点下60度での作業服というのを見て、大変驚いたことがあります。意外や意外、私たちの防寒着とあんまり変わらないのです。私の親戚で冷凍倉庫で働いていた人間がいますが、彼も寒いと云ったことはありません。また氷点下15度の札幌の街をスーツとコートだけで1日中うろついたことがありますが、思ったより寒くありませんでした(もちろん風のない日です)。

磯釣りは立って釣りをします。これが運動になるのか、人が思うより寒くないのです。むしろ寒いのは波止です。私はへたり込んで釣ることが多いので、晩秋の夜釣りに軽装で行って急な天候変化で身体がかじかみ、後で後悔することが毎年あります。こうやって色々考えると、われわれ釣人が寒いと思う原因は、一番に風です。

防寒よりまず防風対策

生地のテスト
完全に風を遮断する生地を選ぶ必要があります。アルピニスト(登山家)は、めぼしいと思う服の生地に、口を押し当て息を吹きます。息が通るようなら風も通るわけです。これだといくら綿やグースをたくさん詰めてあっても、風が通るようでは当然防寒着の役目を果しません。簡単なテストですね。

ゴム引ならいいのか?
では昔のゴム引カッパや安い樹脂コーティングした防寒着ならどうでしょうか?今度は風を通さない代わり、汗がうまく蒸発しません。蒸れて不愉快です。汗が引くと肌から蒸発するときに、気化熱を身体から奪いますから、今度は寒さがつのります。うまくいかないものです。

以前、4L(私は大きいのです)というサイズと地味な色目が気に入って、透湿でない防水防寒着を買ったことがあります。気楽な波止用にいいかと思って購入したのですが、見た目より温かくないですし、なにより蒸れるのです。あまりに蒸れるので、家に帰って裏地を見て驚きました。真冬なので汗をかいた記憶がないにも関わらず、裏地がびしょびしょに濡れているのです。完全に防水仕様ですので、空気を通さないのですね。身体から出る水分が水蒸気となって、裏地の部分に結露したのです。マンションの壁が結露するのと同じ理屈です。いっそもっと安物の防寒着なら起こらなかった現象だと思います。これに懲りてからは、完全防湿防水仕様以外のものは買ったことがありません。

第一に防風、第2に透湿
防寒着に求まられるものは、まず風を通さないことですが、汗が蒸れると不愉快だけでなく、却って体温低下の原因になります。登山服と同じく、釣りの服ならこれに防水というやっかいな条件もクリアしなければいけません。天然素材ではどうしても、限界があったのです。シェットランドセーターなどヨットマンが着込むような上質なウールセーターは、かなり過酷な条件をクリアする品質を持っていますが、保温と撥水効果に限られます。風や雨・飛沫となるとお手上げです。しかし近年の科学素材はこれらの条件をクリアしました。繊維に工夫をするのではなく、レイアーシステムと呼ばれる複合技術で、これらの条件をカバーしたのです。

科学のアウトドア衣料

複合技術を駆使した服作り
いくら素材を吟味しても、一つ一つの素材にはそれぞれ限界があります。温かいセーターにはカッパを組合わせる必要があります。すると今度は蒸れるなどの問題がどうしてもあります。そこで技術者は考えました。服地をサンドイッチにしたのです。表地には頑丈なアウター生地(水は通す)中層には特殊なフィルター効果を持つ素材(水・風は通さないが分子レベルで水蒸気は通す)裏地は肌触りのよい素材です。

このフィルター効果を持つ素材を実用化させたブランドが、冒頭で紹介したGORETEXです。この素材は布地ではなく薄いフィルムになっています。そのためサンドイッチ構造にするためには、高度な縫製技術が求められますし、継ぎ目から水が漏れますので、継ぎ目をふさぐシーミング技術が必要です。おまけに素材が高価ですから、当然高額な服にならざるをえません。他社も追従して似たような素材を開発していますが、シビアなアスリート達には絶対的な支持を得ており、釣りでも高級衣料は各社おしなべてGORETEXを採用しています。

透湿防水性素材としては、米ゴアテックス社のゴアテックス、日電東工のミクロテックス、モンベルのドライテック、東レのエントラントといったところが有名どころです。価格と性能もこの順番と考えていいでしょう。防寒着用と言うよりは、本来レインウェア(カッパ)用素材です。これに保温材を裏打ちしたものが、防寒着です。ゴアテックスはちょっと重たいのですが、それだけに保温性能も多少ありますし、何と云っても透湿性能がいいのです。濡れた服を着ていても、カッパの中で何時しか乾いてしまうという性能を持っています。この感覚は、着てみないと分らないでしょうが…。

デッドエアーが保温の第一条件
新素材で悪条件はクリアしました。残るは保温です。保温といえば皆さんキルティングした綿入り衣料を思い浮かべると思います。空気をたくさん詰め込むことで、魔法瓶のように断熱層を作ることで、熱を逃がさない考え方です。これを専門用語でデッドエアーといいます。羽布団で一度でも寝た方ならお分かりでしょうが、軽くて温かいのにびっくりしたはずです。

これがデッドエアーです。グースがもてはやされるのは同じ体積なら、他の素材より圧倒的にデッドエアーが多いのです。だから温かいのですね。釣りでも身体をほとんど動かさないヘラ釣りでは、どうしても身体が冷えがちです。ですから防水や透湿効果より、この断熱を第一番に考えた衣料が発売されています。

デッドエアも科学で作る
こういう理由で一時は釣り具の防寒着も、中綿にグースを採用してものが販売されていたことがあります。しかしいまではもう売られていません。ここでも新素材が登場したからです。代表的なブランドは3Mが誇る中綿素材シンサレートです。同じ体積ならグースの倍というデッドエアー量を誇り、いまではスキー、登山などアウトドア衣料の分野では普及しました。このシンサレートのお陰で、アウター衣料が随分軽快なものになりました。ライフジャケットを着用しなくてはいけない磯釣りでは、この素材の恩恵を100%受けています。

フリースってなんだろう
郊外衣料の大手「ユニクロ」の影響が大きかったのか、随分フリースが普及しました。しかしアウトドアの分野ではフリースという言葉は、昔から馴染み深いものです。フリースとは、本来「1頭の羊から刈り取った1枚の羊毛」を示す言葉でしたが、現在では「表面を起毛して、織り目が見えないくらい毛羽で密に覆われた繊維素材(柔らかい起毛仕上げの織物)」のことを広くこう呼んでいます。早い話が毛布ですね。軽く温かく発色が綺麗なのが特徴です。

中でも、環境に配慮した商品として、ペットボトルをリサイクルして作ったフリースが、モンベルが採用して有名になったブランド「ポーラテック」です。用途に応じて各種のものが作られていますが、防寒用としては#200番以上厚手のものがよく使われます。数あるフリースの中でも高価ですがアウトドア用として製作されているだけに、保温性能はピカイチです。管理人夫婦もたくさん持っていますが、ユニクロ製とは比較になりません。

釣り専用衣料の特殊性

登山衣料がお手本
過酷なアウトドア衣料といえば登山衣料が筆頭です。防寒・防風・防水・保温・透湿・運動性・軽量携行性・耐久性・メンテフリーと、あらゆる要素が求められるからです。長時間身に着けるだけに肌触り感も大事ですし、やはりファッションですから風合いや見てくれも気になります。いくらいい性能でも入手できないような高額でも困ります。これらの諸条件をクリアしたものが、世界のトップブランドになっています。

身近にあるブランドとしてはモンベル、ノースフェースを筆頭に、国内ではタラスブルバ(アシックス)、ジェーンリバー(アシックス)、ラテラ(ゴ−ルドウィン)、ティンバーライン(ダイワ精工)、インターリスモ(ミズノ)、ホールアース(デサント)、アーサーズビーイング(西武スポーツ)などがあります。海ではへリーハンセンが有名ですね。人気のあるLLビーンやエディバウアーは見た目はともかく本格的なアウトドア衣料ではありません。

登山衣料に学ぶ
登山衣料、特に冬用の防寒衣料を手にすると色々気づかされることがあります。まず思いの外軽量です。重ければそれだけ運動への負担になるからでしょう。膝や肘の屈伸を妨げない縫製も、見てくれは悪いですがなるほどと思います。首や股の開口部はたいてい2重のフラップになっていて、風や雨を頑固なまでにシャットしています。手袋をした手でもジッパーがつかめるよう工夫されていますし、重ね着に対応できるよう、ゆったり目のサイズです。

狭いテントの中でも、すばやく着たり脱いだりできるよう工夫されていますし、アイゼン(スパイク)のついたブーツでパンツが傷つかないような工夫もされています。ポケットは食料のようなかなり大きいものでも、すっぽり収容できるようになっています。要するに考えられているのです。私が見る限り、現在の釣り衣料はここらを参考に作られているようです。

釣りには不適応なところもある
登山衣料は確かに高機能です。高級な素材を駆使している割には、価格も案外安いのです。ですから登山衣料を釣りに着ている人も、時折見かけます。しかし釣り衣料としては問題がないものではありません。私自身の経験から述べてみますと…

  1. 脱着性は求められない
    釣りではパンツを履き替えるようなことはありません。ですから寒冷仕様の登山着では標準装備であるサイドファスナーは必要ありません。

  2. ブーツへの対応性は必要ない
    ごついブーツを履くこともありません。せいぜいゴム長靴です。登山用では足首の周りが靴を履きやすいよう拡げられています。長靴にパンツをたくし込むような履き方をする人には、却って不便です。

  3. ちょっとぶかぶか?
    登山ではレイヤードシステム(後述)が普通なので、かなり身頃に余裕を見ていますが、釣りは運動量が少なく山ほど気候への対応がありませんし、ライフジャケットを常用する人にはどうでしょうか。

  4. 中年おじさんにはサイズが…
    登山する人に肥満体はいません。要するにアスリート達はスマートなのです。残念ながら、腹の突き出た中年釣り師の腰回りに対応したサイズはありません!私にはこれが一番問題でした(泣)

釣り衣料に求められるもの

では、釣り衣料に求められるものはなんでしょうか?絶対的な防風・防水・透湿などの基本性能確保を前提として、私なりに考えると…

  1. 生地に鈎が引っかからないこと
    安い防寒着によく使われるポリエステルの表地はダメです。ヘビーディーティな使用に耐え、かつ鈎が引っかからないと云うならナイロンが一番です。極薄のゴアテックスなどのフィルムを保護する役割もあります。

  2. 帽子をかぶった状態でフィットするフードであること
    釣人はたいてい帽子をかぶります。ところがたまに帽子をかぶると、うまくフィットしないフード(風防)があります。脱着が容易なことも条件です。

  3. 運動への対応性は必要ないが…
    釣りの運動量は少ないですが、手を挙げたりしゃがみ込む動作は多いものです。ですからしゃがんだとき背中がめくれず、脇に余裕のあるものが必要。

  4. ポケットが最適な位置にあること
    ポケットの位置・大きさは大事です。特にライフジャケットやベストを上から羽織る人はそれらを着込んだときでも、ものを出し入れできる位置にポケットが付いていることが重要です。

  5. 袖口が上手く処理されていること
    釣りでは手を濡らすことが多いものです。水が浸入しないよう袖口がタイトに絞れる、あるいはネオプレン(ウェットスーツの素材)で処理されているものが快適です。

現在、大手釣り具メーカーから発売されているのもので、高級品とされているものは必要な基本性能に加え、上記の点もクリアされています。しかし残念ながら釣り具店の店頭でバーゲンで売られている安価なものは、見た目はともかく実質はハードなアウトドアでの使用に耐えるものではありません。ですからカイロの出番になったり、セーターを山ほど着込まなければならなくなるのです。

シーズンコーディネイト

レイヤードシステムが基本
アルピニストは気候の変化や運動量に合わせて、体温調整しなければいけません。そのため衣類を脱いだり着たりして調整します。これをレイヤードシステムといいます。釣りではあまり脱いだり着たりすることはないですが、この考え方を季節の気温変化に合わせることで応用ができます。磯釣りを例に取ると私の場合は…

花見時分(※月見時分も同じ)

暖かな陽気ですが、嵐のような風が吹くときもあり気候の急変しやすい時です。

アンダー コットン半袖/上のみ
中間着 コットンTシャツ長袖
ズボン フリース薄手(ポーラテック#100)
アウター ゴアテックス3レイアー防寒仕様/上下
靴下 コットン厚手

梅雨時分

朝はひんやりですが日中は汗ばむことも。雨がよく降ります。

アンダー コットン半袖
中間着 コットンTシャツ半袖
ズボン コットンパンツ
アウター ゴアテックス3レイアー薄手ジャケット/上下
靴下 コットン厚手

盛夏時分

暑さ対策が大事なときです。

アンダー コットン半袖
中間着 コットンTシャツ半袖
ズボン ジーンズないしトレッキングパンツ
靴下 コットン薄手
  ※ハイドロブリーズ製カッパ携行

晩秋時分

朝夕はかなり冷え込むことも。

アンダー コットン半袖
中間着 コットンTシャツ長袖
ズボン フリース薄手(ポーラテック#100)
中間着 フリース製ベスト(ポーラテック#200)
アウター ゴアテックス3レイアー薄手ジャケット/上下
靴下 コットン薄手

冬時分

北風が吹きつのる季節です。

アンダー アクリル半袖
中間着 ポリエステル製Tシャツ
ズボン フリース厚手(ポーラテック#200)
中間着 フリース厚手(ポーラテック#200)
アウター ゴアテックス3レイアー防寒仕様/上下
靴下 登山用防寒靴下

寒の盛りの時分

気温氷点下以下、強風が予測されるときです。

アンダー 登山用新素材/上下
中間着 ポリエステル製Tシャツ
ズボン フリース厚手(ポーラテック#200)
中間着 フリース厚手(ポーラテック#200)
アウター ゴアテックス3レイアー防寒仕様/上下
靴下 登山用防寒靴下

波止が主体の方ならば、防水性はある程度犠牲にしてもいいと思います。くれぐれも保温性は重ね着で確保するのではなく、デッドエアーを大量に取り込める素材を着こなすことが肝心です。またゴアテックスは高価ですので予算が足りない方は、防寒仕様のアウターではなくレインウェアでもかまいません。レインウェアなら4シーズン使えますし、冬場はインナーを工夫することで保温対策できます。本格的なアルピニストは、皆このスタイルです。利点も多いのです。

ヒントと小物

服に金をケチるな

私がやっていた磯釣りはチヌとグレ釣りです。グレは12月水温が下がってからが本番、一年中で一番寒い2月にも一発大物が狙えます。風で潮が飛び、ずぶ濡れになることもある釣りですから、服をケチっていては、それこそ凍えて釣りになりません。竿やリールをケチっても釣りはできますが、エサと服だけはケチりようがないのです。第一震えながら釣りをしていても、面白くないではありませんか。

マイナス60度の冷凍倉庫で仕事ができるのも、真冬の登山ができるのも、寒グレが楽しめるのもみんな科学のお陰です。「寒いから冬は嫌!」といっているあなた、磯に限らず波止でも、もう少し科学的な目で衣料を選んでいただけると、いまより遙かに快適な冬の釣りが楽しんでいただけると思います。

メーカーを選ぶ?

大手メーカーの高級品なら問題はないですが、私がシビアな目で採点すると、アウトドア製品としてはD社が頭一つ抜けています。ファッション性については、コメントを控えますが(笑)素材の確かさ、縫製技術、釣りへの適合性、豊かなサイズバリエーションなど、釣人の期待に応えるはずです。ただし安いものは?です。

アレンジに自信がある人でしたら、ヨットマンが愛用するへリーハンセンなどもお勧めです。内着に工夫することで充分釣りにも使えます。以前これの黄色1色という派手なカラーを着こなしている釣人を見ました。お洒落でしたね。

釣りには色々なジャンルがあります。当然それ用の服装にも少しずつノウハウがあります。これ以上この章では書けませんので、折りを見て他日そこらへんのことも書いてみたいと思います。ちょっと小物のことも書いてみましょう。

  1. 下着に少しは金をかけて欲しい
    本当に寒い時期に釣りをするなら、下着はぜひ新素材でできた登山用を購入して下さい。綿より少し高価ですが、セーター1枚に匹敵するほど暖かさが増すはずです。水分を素早く蒸発させるという機能も持っているので、汗をかいても汗ばまないと云う優れものです。ウィックロンとかクロロファイバーと呼ばれる新素材が使われています。

  2. 耐水性の帽子がいい
    ちょっと高いですがエントランス製の帽子はお薦めです。夏は蒸れませんし、朝から晩まで雨やみぞれが降り続けるときに、威力を発揮します。

  3. ベスト・ライフジャケットも防水がお薦め
    快適さが違うはずです。収納物が濡れないと云うメリットもあります。

  4. 小さなホッカイロをポケットに
    上に書いた記事を参考に服装をコーディネイトしていただければ、カイロが必要と云うことはなくなるはずですが、釣りの場合指先が凍えることは避けようがありません。私はこれを時々握って指を暖めるようにしています。

  5. 手袋について
    難しいところです。肌触りや糸を結んだりすることを考えると薄手がいいので、私は年中人工セーム皮の指切り手袋です。温かいのはネオプレーンですね。価格も安いです。ちょっと突っ張る感じが嫌ですが。

  6. 靴 下
    登山用靴下で間に合うと思いますが、以前ワカサギ釣りに行ったとき足の指先が凍えました。桟橋が鉄製でしたので、冷気が長靴を通して伝わってきたのです。寒がりの人は薄手の靴下を下に重ね履きした方がいいでしょうね。

  7. 耳当て
    昔ウサギの毛の可愛い耳当てを愛用していました。温かいですし、ちょっとファニーで可愛いオヤジになります(^o^) 目出し帽は美学が許さぁん。

最後に…
ここで書いたことは、あくまでも関西で私が経験し検証した事柄を書いています。当然極寒の北海道や東北では、当てはまらないこともあるでしょう。逆に言えばその地方の方でしたら、私がここで書いたようなことは生活の知恵として、お持ちのはず。記事は関西の気象条件下の釣りを前提としていることをご理解下さい。