初めての釣具選び

初めての釣具

始めてのフィッシングウェア

波止釣りなら基本的には常識の範囲で十分、季節にあった動きやすい物でしたら何でもOKです。この章はモンベル命?のちゃりこが実際に使っているコーディネイトの実例を織り込んで解説します。けっこう本格的ですから、ハードな釣りをめざす人には参考になるかも。

夏には夏の…

天気の良い日は運動靴にジーンズなど、動きやすい服装で気軽に出かけましょう(^^) 磯場に釣りに行く時は、丈夫なジーンズをお薦めします。転んだりした時に膝などを怪我から守ってくれますし、蚊などの虫からも刺されにくくなります。

上衣はTシャツよりもポロシャツの方がお薦め。エリを立てることで、首筋を暑さから守ることができます。首筋をガードすることによって、熱射病などにならないようにするため。またTシャツに比べて生地が厚いので、紫外線を少しでも遮断することができますし、前のボタンを外せば熱を逃がすこともできます。

天候が変わりやすい時期には、ウインドブレーカーなどを羽織って行きましょう。朝夕の肌寒さや、多少の雨を防いでくれますので必需品のひとつ。私の場合、近場ならウインドブレーカー、冬場以外の磯などでは、コンパクトに収納できる雨具を竿ケースに入れています。

冬には冬の…

冬の寒い時期にはアウトドア用のフード付き防寒着を着用します。特に下半身が冷えないよう防寒ズボンもスエットなどの上から履くといいです。少し値は張りますがゴアテックス素材のように、防水性と透湿性を持つものがお薦めです。耐水や撥水加工の製品では水の浸入を完全に防ぐことはできませんが、防水性をもつ製品なら大丈夫。耐水・撥水と防水は違うということを覚えておいてくださいね。

右写真の上下防寒服は私一番のお気に入りです。ゴアテックスに中綿入りで暖かく快適。何年も愛用しているので上着はさすがにボロボロ、夜釣り専用になってしまいました。パンツは腰までカバーされていてアンダーウエアがモコモコしないように工夫されています。サロペット付きなのもうれしい。秋以降の夜釣りは上着は薄くてもパンツはいつもこれ!下半身が冷えるとトイレが近くなりますから〜(^^ゞ

透湿性とは、汗の水蒸気を衣服の外部に放出させる性能のことです。この透湿性がないと汗の水蒸気が衣服の内側にとどまり、結露という状態になって体熱の損失になります。真冬でも風がなくポカポカした日には結構汗をかきます。透湿性のない素材では暑くて防寒着を脱いでしまいそうになりますが、脱げばすぐ体温が失われて震えることに…。その点透湿性素材のものは、一日中快適に着用できます。撥水スプレーを毎回掛ける手間もなく経済的、雨具も同素材にすれば完璧です。梅雨時でも蒸れたり雨が中に浸入する心配がなく、雨合羽特有のベタ付き感がありません。購入予定のある人は一考の価値ありです。

防寒着のインナーは何でもいいとは思いますが、できれば上下とも暖かくて軽く、動きやすいフリース素材のもの(写真)をお薦めします。今は安価でカラフルなものがたくさん販売されていますね。

磯釣り・船釣りに行くときは…

ライフジャケット
万一落水した時に、命を助けてくれる救命胴衣です。磯釣りに限らず船・カセ・筏など、海上に出て釣りをする場合は必ず着用しましょう。着ていないと磯に渡してくれない渡船もあります。船釣りの場合などは船頭さんに言えば貸してくれますので、わざわざ買わなくても大丈夫。でも、よく釣りに行くという人は1着持っておくといいでしょう。また身体の小さい人は、女性専用でなければ着ぐるみ状態になります。身体に合わないものは、かえって危険〜D社から女性用・ジュニア用が出ていますので、購入時には参考にしてみてくださいね。
磯ブーツ
靴底にスパイクやフェルトが付いていて、磯の上で滑らないようになっています。なめらかな岩や海藻の多い磯ではフェルト、ゴツゴツした岩の磯ではスパイクの方が滑りにくいのですが、2種類も揃えるのは不経済。自分が最もよく行く磯の状態で、どちらか一方を用意すればいいでしょう。フェルト底の場合、波止や船・筏釣りの時にも兼用できるというメリットがあります。今はスパイクとフェルトの両方を、都度張り替えて使用できるブーツもあるようですよ。
ヒップガード
雨や波で濡れた場所や磯の岩などに座った時に、フィッシングスーツや防寒着などの衣服が、濡れたり破れたりしないようにガードするためのものです。初めはカッコ悪くてイヤでしたが、今ではなくてはならない一品。特に座って釣りをする船や筏では波を被ることもありますし、撒き餌の付いた所にうっかり座ってしまうことも…。我が家では「おしりパッチ」と呼んでいますが、ウエットスーツと同じ生地で作られているのですぐに乾きます。フィッシングスーツはともかく、防寒着などは釣りのたびに洗濯するのは大変ですからね。

その他の小物

帽子
何でもOKです。朝日や夕陽は結構まぶしいので、つばの大きいものを選ぶといいでしょう。冬は毛糸やフリースの暖か〜い帽子、またはヘッドバンドやイヤマッフルあればいいです。夏は絶対麦わら帽子!渡船などに乗るときは帽子が飛んでしまうので、ゴムひもや帽子と襟をつなぐクリップ式のストッパーを必ずつけておきましょう。釣具店やルアーショップで売っています。風の強い日でも帽子が飛ばされないよ(^^)b

釣り専用手袋は、糸や鈎が結べるように指先がありません(夏冬用あります)。魚を掴んだ時や磯の上で手をついた時の保護にもなります。釣具店で販売していますが、女性には大きいです(^^;) 手袋(グローブ)

写真は私が使用している手袋〜右はチームダイワのルアー用です。3年ほど前にやっと見つけた小さいサイズですが、ゴワゴワしていて指の間が痛くなるのが難点〜磯釣り専用にしています。左の手袋はリーボックの自転車用手袋。毛糸でできているのでフィット感がとてもよく、防寒を兼ねて波止や船ではいつも愛用しています。カラー軍手を加工してもカワイイね(^^)b

ちゃりこの引き出し

着用しているその他の釣りウエア〜上着は街着としても着られるものを購入するようにしています。
オールシーズン用ウエア
ゴアテックス素材のアウトドア用上下、レイアーシステム用ですから裏なしです。夏以外でライフジャケットを着用するときはこの上下を着ます。防湿性と透湿性を兼ね備えているのでいつも快適〜黒なのでコーディネイトしやすいよ。


冬の磯で着用するウエア
ゴアテックス素材のアウトドア用です。裏はポーラテック。パンツはオールシーズン用と合わせています。磯は釣りのなかで一番運動量が多いので、思っているより寒くないですよ(^^)