隣に負けない丸秘テク

必釣丸秘テク

実例・荷物のまとめ方

読者の方から「荷物のまとめ方」というリクエストをいただきました。磯、筏、船など専門的な釣りをしている人ほど、タックルが専門化、収斂しますので、あえて申し上げることもないのですが、車から近い、年中五目釣りという波止釣りをしている人ほど、釣る魚に似合わない大荷物を持って移動している人が多いようです。釣りはフットワークが大事、あまり参考にはならないかも知れませんが、管理人の荷物まとめの実例で、解説してみます。

用途・四季に応じた収納テク

近場の探り釣り
はい、これだけ〜(^^) 気温が15度以下なら氷は必要ないので、小さめのバッカンと竿だけです。バッカンの中はエビエサ用のミニブクと、魚を入れておくためのポリ袋が入っています。虫エサの時は、もっと小さいバッカンを使っています。軽いのでラクチン。足の弱い爺でも、釣り座取り争いに負けないぞ。

参考までにバッカンの中身も見せておくね。小さなスポーツタオルを、洗濯ばさみで取り付けておくと便利。これでもメバルの20匹ぐらいなら楽勝で入ります。夏場はもちろん小さなクーラーに交換。

近場のウキ釣り
写真はエビまき釣り用セット。エビブクは20cm直径の大きいものが、ぴっったりクーラーに収まるので重宝しています。竿はロッドベルトでタモとセットしています。

メバル名人、自作エビ箱、飛び出すエビ元気など、色々使ったのですが、この組み合わせが私には一番使いやすく軽快。夏場、沖堤や近場の磯でチヌ釣りをするときは、この組み合わせにバッカンが加わります。

遠出の投げ釣り
たまに投げ釣りもします。大型三脚を収納できる投げ竿ケースと、オモリ入れつきに改造したクーラーがセット。

サイドに付けた自作オモリ入れが、大型リールを収納するのにも役に立ってくれています。

夏場の磯釣り
関西の磯釣り師の標準的なまとめ方(夏場用)です。 タモの柄やピトンが外側にセットされる竿ケースの使い勝手がよく、とても気に入っています。

スリムな竿ケースですが、通常この中に竿2本、リール2個、替えスプール3個、杓2本、玉網、タオル2本を入れています。 クーラー、バッカン共コンパクトにしていますが、これでもオキアミ9kg/集魚材2袋(+予備一袋)を持ち込めます。

冬場の磯/グレ釣り
これも関西標準。平均よりはコンパクトかも知れません。冬の磯は氷が不要なのでソフトクーラーです。ただし家に帰る道中は車ですので、氷を入れています。ソフトクーラーには、内寸にピタリと収まる専用バッカン、釣ったグレを入れておくドンゴロス(気化熱で冷やす)、タワシ、バケツ、エサ入れ、玉網などを入れています。小さめのサイズですが、実用上充分です。
ファミリー1泊釣行/磯釣り
ちゃりこと一泊がかりで遠出するときの荷物です。2日間の釣行になりますから、1日目に釣った魚を入れておくためのクーラーを余分に持っていきます。使わない1日目も空ではなく、2日目のコマセなどを入れていきますから必需品。写真には載せていませんが、長靴を入れるブーツケース、ちゃりこのバッカン、濡れたものを入れる大型バッカンなど、結構な量の荷物があります。嫁さんと行くと、あれもこれもと荷物が多くなるのよね。竿ケースがなぜか?わしのより高級品というのが気にいらんなぁ、へたっぴぃのくせに…

ソフトクーラーを上手に使おう

波止釣りでもソフトクーラーは便利です。椅子がわりに使う人には不要なものですが、ウキフカセをする人ならば、磯釣りと同じように使うと便利です。また普通の釣りをする人でも、気温の低い時期に、使って貰えれば便利さが分かると思います。そこでソフトクーラーを選ぶコツ、使うコツを書いておきましょう。

小型のサイズでよい
ソフトクーラーは同じサイズのハードクーラーより、内部の容積が大分大きいのです。ですから自分の常用クーラーより、ワンサイズ小さいもので充分です。気温がそう高くない時期は、氷よりジェルタイプの保冷剤の方が、ソフトクーラーには向いているでしょう。

高級品は必要ない
ソフトクーラーはハードに使うと結構傷みます。 また保冷性という面では、高級品でもあまり期待できません。一流メーカー製でなくても機能的には充分。消耗品だと割り切り、水洗いしやすそうなものを選んで下さい(結構汚れます)

バッカンを入れて使うと賢い
そのまま魚を入れずに、いったんバッカンを入れて使って下さい。ソフトクーラーの汚れや臭いが随分違います。汚れが少なければ、水拭きだけでもいいでしょう。シマノ・ダイワでしたら、ピッタリ入る専用バッカンが用意されています。

しんどい〜やってられんわ
管理人が荷物を徹底的にコンパクトにするようになったのは、地磯でチヌ釣りをするようになってからです。大抵の地磯は山越え、もしくは崖を伝って降りるような苦労を強いられます。ちゃりこを連れて行くようなときは、荷物を出来るだけ私が持つようにしていますから、荷物(コマセが重い)の多い夏場は約30kg近い重量を負うことになります。地磯通いの人はたいていリュックか背負子を使いますが、どうもあの恰好が好きでないので(美学がゆるさ〜ん!)普通に手提げ肩提げで運びました。いまより体力があったといえ、やはり相当な苦行でした(^◇^;) そこで考えたのは…
  1. 本当にこのサイズのクーラーが必要なのか?
    およそ通常の人でクーラーを満タンにするようなことがあるでしょうか。私自身クーラーを満タンした記憶はそうありません。ならば「適正なサイズを求めるべし」となります。
  2. 冬場にクーラーが必要なのか?
    寒い冬は氷を入れたクーラー内部より、外部の方が気温が低いというデータがあります。それに氷が溶けきったようなクーラーでは、魚も不味くなります。
  3. これだけの仕掛けが本当に必要なのか?
    心配性の人ほど、つい「あれもこれも…」となるはずです。逆に横着な人は、整理するのが面倒「えい!まとめて…」となります。本当に必要なものは少ないはずです。

装備探究=釣りを考えるということ

発展途上の釣り人は、まだ自分のスタイルが作られていないと思います。ですから仕掛けもあれやこれやと持っていないと不安でしょう。しかし出来るかぎり、仕掛けは厳選するようにして下さい。いわゆるタックルボックスが必要な釣り場などありません。

タックルボックスは釣り場ではなく、家で使うものです。波止や磯程度で使うタックルは、全て身に着けることができます。後はクーラーの小物入れで充分です。装備をシンプルにすると云うことは、自分の釣りを方向付け、その釣り場に合った最適の釣りを模索するということでもあります。ぜひ自分流の整理術を身に着けて下さい。

おまけ(^^)b
写真は管理人のタックルバッカン?です(笑)もちろん、ちゃんとしたタックルボックスも持っていますが、そっちは補修糸や予備ガイド、漆、ピアノ線など、DIY用に使っています。これは小さい33タイプで、普段常用する小物から糸、リール、買ってきた小物まで、なんでもかんでも放り込んでおき、行くときに必要な物を取り出しています。使いやすさは一番。忘れ物をしそうな嫌な予感がしたときは、このまま車に積んでいきます(笑)