海と釣りの素材

  1. 波止の魚たち
  2. 磯の魚たち
  3. 沖の魚たち
  4. 浜の魚たち
  5. 海の脇役たち
  6. 愉快な仲間たち
  7. 海の小生物

汎用素材

沖の魚たち


シマガツオ

別名エチオピアとも呼ばれる面白い魚です。深海魚に属しますが、引きが強く関東では人気のある釣りものです。市場での評価は低いですが、ムニエルなどにすると、とても美味しい魚です。

真鯖 マサバ

庶民の代表的な魚です。最近は資源が減少し、北欧などから輸入しています。鯖の生き腐れといって痛みやすい魚の代表だから鮮度には注意。

真鯛 マダイ

腐っても鯛というぐらいですから、魚の王様です。華やかな紅い魚体に青い点々が光らせながら、こいつが海中から上がってくるときは、本当に感激しますよ!

鮃 ヒラメ

関東ではマグロが一番人気ですが、関西ではやはりヒラメね。縁側の美味しさといったら(泣) イワシのノマセ釣りで狙います。

鮪 マグロ

関東の人ならばマグロが一番でしょう♪美味しいのは黒マグロ、インドマグロね。釣り人にも釣れる幼魚はヨコワといいます。

平政 ヒラマサ

ブリの親戚です。見た目の違いはほとんどありませんが、最高の寿司ネタです。海のスプリンターというぐらい快速の持ち主。

黄肌鮪 キハダマグロ

寿司なら黒マグロ・南洋マグロですが、釣りならこのキハダがポピュラーですね。もう滅茶苦茶引きます。

間八 カンパチ

私の大好物♪ブリとは一味違います。関西では幼魚をシオといい、波止でも釣れます。ヒレ長カンパチという大型近似種もいます。

鰹 カツオ

カツオは日本人の心の魚ですねぇ。私も土佐のタタキは好物。猫に鰹節などといいますが、威勢のいい昔の江戸っ子は初鰹に大金を払いました。

はまち

漢字では魚編に反。ご存じ出世魚で、関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリ。関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリです。

縞鯵 シマアジ

ヒラマサと並ぶ超高級魚。アジ類ではかなり大きくなる種で、関東ではオオカミと呼ばれて、磯釣りの好対象魚です。これも本当に美味しい魚♪

鰆 サワラ

ルアーの人気魚です。白身で癖がなく美味しい〜西京漬けがお薦め。

鰯 イワシ

昔は大衆魚として貴重な蛋白源でしたが、昨今は沿岸漁業の不況でだんだん高級魚になりつつあります。これも新鮮だと美味しいですね。


鯵 アジ

イワシと並ぶ大衆魚の代表。入門者にでも釣れますから、ファミリーフィッシングに最適。近年は関アジなどというブランドが、もてはやされてます(汗)

甘鯛 アマダイ

関西でいうところのグジで京都の人には珍重されます。一般的には赤アマダイですが、白アマダイが大きく美味しいですね

しいら

コブがあり大きくなるのはオスです。近年はソルトルアーで人気がありますね。海面を泳いでいるときは、キラキラ輝く本当に美しい魚です。


たかべ

20cm程度、黄色い帯が走るのでウメイロに少し似ています。磯ではエサ取り扱いですが、実は体に似合わない高級魚で、塩焼きにしたら最高!

鶏魚 イサキ

伊佐木という当て字もあります。関西ではイサギと濁ります。とても美味しい中型魚で、船釣りでは人気があります。